FC2ブログ

町家とカメラ屋さん

京都祇園の花見小路にあるライカ京都店は外観は町家そのもので店舗に見えません

祇園ライカ京都店ギャラリー1901
2階ギャラリーは元の町家の柱、梁を残して改修しています

1階は店舗と奥に和室のスタジオがあり、ともに坪庭に面しています
2階はフォトギャラリーとサロン、現在は植田正治写真展を開催中です
町家の雰囲気を生かしてリノベーションされています

京都の伝統町家は職人肌のカメラ屋さんライカのブランドイメージに重なります

(#^.^#)


スポンサーサイト

デザインの必然について考える

伏見の酒蔵は美しい景観をつくっています

伏見酒蔵1901
庇がついた小窓が規則的に並んでいます

石積みの高い土台に外壁は焼き杉板、しっくい、そして瓦の屋根が葺かれています
材料の違い、大きさ、配置などが何が原因で決められているのかを考えます
内部の機能的な要求、外部の自然環境によるものがデザインを形作ります
見た目にプロポーションがいいからと決めたわけではないはずです

長く愛される建物を見てデザインが何かを考えます

(○・_ゝ・○)ノ


思い出の場所がなくなる

かつて大阪・梅田の待ち合わせ場所と言えば紀伊国屋前かこの場所が定番でした

泉の広場1901
梅田地下街ホワイティうめだの「泉の広場」のX'mas飾りされた昨年末の様子

大阪で暮し始めたころ地下街が迷路のように分かりにくく迷ったものです
目印にもなり待ち合わせにも使っていた泉の広場の噴水が今年撤去されます
1970(昭和45)年の万博の年につくられ何とも昭和な香りがする広場です
ハイテクを使うでもない水の流れる空間に親しみやすさとあたたかみを感じます

その居心地がいい空間がなくなるのは淋しいです

(;д;)


宮の文字が目に入らぬか

京都御苑を散歩していると町なかでは見かけないマンホール蓋が見れます

京都御苑マンホール宮1901 京都御苑マンホール宮マーク1901
宮内庁管轄という意味の「宮」の文字がついています

いくつか字体が違うものや「厚」、「警」などもあります

足元にも探す楽しみが見つけれます

( ̄^ ̄)ゞ


外に出たくない!

年が明けてさして寒くはないと油断してるとここ最近やけに寒い

カトリック伏見教会星飾り1901
晴れ間が見えたカトリック伏見教会には忘れられたクリスマスの飾りつけが

どんよりとしたお天気が続き4日ほど前はみぞれ混じりの雨が降りました
打合せや現場見に行く以外は外出は最小限にして控えています
苦手なこの季節にはヒートテック、あったか靴下、腹巻、カイロは必須です

それと、ビールを燗酒に変えて乗りきるかな

ヽ(๑→‿ฺ←๑)_∪


地元伏見にあるゑべっさん

母校・桃山小学校の向いにある 乃木神社 にお参りに行きました

乃木神社山城ゑびす神社1901
乃木神社の境内に山城ゑびす神社が祀られているのを知りました

南山城地域唯一のゑべっさんに残り福を求めてお参りしました
乃木大将の夫人を祀る神社と合祀した七福神由来の社で歴史は浅いです
西宮戎や今宮戎みたいに盛大ではなく静かなのは商売の町でないせいか・・・
3年前に修復されたという本殿の脇にある鯛の石像をなでて祈願しました

「幸せに成り」タイ!

(o・ω・)ノ))


土台を敷いて作業スペースをつくる

金下町のダンススタジオは土台敷を終えました

inoueDS土台敷1901
土台を敷き床断熱材を床合板を張ります

土台の上に1階の床の下地になる構造用合板まで張り終わりました
敷地が狭いので平場のこの合板の上が建築材料を置くスペースにもなります
この後、柱、梁、屋根材の資材が搬入されます

来週は上棟予定です

(* ´ ▽ ` *)


カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント