芸術性が高い冬のスポーツ

ピョンチャンオリンピックでの羽生結弦選手のパフォーマンスには感動しました

清明神社1802
陰陽師・安倍晴明を祀る京都の清明神社には参拝者が多く訪れていました

フィギュアスケートはスポーツであるとともに芸術であるとつくづく感じます
羽生選手がフリーで踊った陰陽師「SEIMEI」は和太鼓、和笛と日本らしい音楽です
曲に合わせて徐々に盛り上がりを見せる演技は表現力豊かで力強く妖艶で美しかった
神社には羽生選手自ら書いた絵馬、ファンが願いを書いた絵馬が奉納されています

その期待に見事答えてくれました おめでとう! ヽ(≧∀≦)ノ


スポンサーサイト

人間・空海の生きた世界を描く

夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」が映画化され今年公開予定です

空海1802
こちらは34年前に公開された北大路欣也主演、佐藤純彌監督「空海」(1984)

唐に渡った際の話だけではなく少年期から61歳で入定するまでの伝記映画です
当時の日本の政治、朝廷や最澄との関わり、満濃池の土木工事なども描かれます
北大路空海はいろんな伝説をもつ超人的な空海とは違う人間臭さをも感じさせます

今も高野山に生き続けるという人間空海の生涯の物語です (´・Д・)」


人を悼むということ

世界中で日々多くの人が災害、事件、事故、戦争で亡くなっています

悼む人1802
第140回(2008年)直木賞作品 9.11をきっかけに書かれた 「悼む人」天童荒太

悼む人は友人や知人の死を忘れることへの罪悪感から人の死を悼む旅をします
赤の他人の死を悼むために生前の人となりを訊ねて回ります
偽善にも思われ理解されにくいが彼にとって死はすべて同等なのです
誰もが大きな災害を耳にすると他人であろうとも身近に感じるのと似ています

彼と彼に関わる人を通して生と死への向き合い方を描きます (。-_-。)


祇園に巨大かぼちゃを見つけた

祇園に行った際、花見小路に巨大なかぼちゃを見つけました

草間彌生ギャラリー1801
草間彌生作品のコレクションが中心の フォーエバー現代美術館祇園京都

祇󠄀園甲部歌舞練場内の八坂倶楽部が現代美術館として使われています
八坂倶楽部は大正2年に建てられた木造2階建瓦葺の建物です
総畳敷きの大広間の展示空間に現代アートが展示されています

和の空間と現代美術が融合しています (^∇^)ノ


国の分断を一個人の人間の視線で描く

朝鮮半島は南と北に分かれていても同じ民族である意識の強さを感じます

ジェイエスエー1801
太陽政策の金大中政権下でつくられた「JSA Joint Security Area」(2000)

JSA(共同警備区域)の北朝鮮側歩哨所内で起こった発砲事件の真相を描きます
本物さながらの映像でよく見る板門店のセットも作られています
深刻な朝鮮半島問題を笑いを交えたエンタテインメント映画につくっています
国家ではなく個人としての民族の在り方を描きます

国境線が引かれている限りは個々人の自由がない悲劇です Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


マンガによって平和について考える

マンガ家の巨匠4名によって戦争あるいは平和について描かれています

平和をわれらに!1801
「平和をわれらに!」 水木しげる×手塚治虫×藤子・F・不二雄×石ノ森章太郎

南方戦での実体験、核の脅威、近未来の戦争の恐怖・・・戦争の愚かさを描きます
古いもので56年前、新しいもので23年前の作品、東西冷戦時代に描かれたものが多い
今の時代に読んでも新鮮で、むしろ現代の状況下で訴えてくるものがあります
戦争や平和について改めて考えるきっかけをつくってくれる作品集です

画力、メッセージにおいて日本の漫画が世界で評価されてるゆえんです (´∀`*)


NHKラジオで「冬休み明けおとな非科学ナマ電話」

夕方、NHKラジオを聴いていると冬休み子ども科学電話相談・・・じゃあない

NHK冬休み明けおとな非科学ナマ電話1801
ごごラジ!特別企画「冬休み明けおとな非科学ナマ電話」です

子ども科学電話相談に出演できない大きなお友だちと電話をつなぎます
昆虫、天文、宇宙、ロボット、恐竜、気になることあってもただお話しするだけです
悩み相談しても解決はめざしていません、お話しするだけです
日々の困りごとに答えるスタジオの先生たち?のグダグダ具合が笑える

次回放送を期待しています!! o(^▽^)o

1/19(金)まで聴けます → 聴き逃し[ごごラジ!]をクリック


カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント