秋祭りの露店を見てみる

子どものころから行っていた氏神様のお祭りは昔と変わっていません

御香宮まつり1610
伏見・御香宮神社の境内は露店が出ていて大勢の人が訪れています

子どものころあったけど見なかった・・・化け物小屋、輪投げ、型抜き、プラモ吊り、ひよこ釣り
一時あったのに見なくなった・・・ケバブ、トルコアイス、アイドルのカード
今年新しいのでは・・・カニ釣り、トルネードポテト、フリフリポテト
相変わらずの定番・・・水あめ、たこせん、綿菓子、カルメ焼き、金魚すくい、射的

世の中の風潮に出店の変化はあるものの楽しいことには変わりありません (*´~`*)


スポンサーサイト

ヤママヤを守る

西表島ではマヤは猫を意味しヤマネコをヤママヤと呼びます

ヤマネコ標識1510
「9.13出た スピード落として!」交通事故に遭うイリオモテヤマネコも多いらしい

こうしてイリオモテヤマネコを見かけたら広報して安全走行を呼びかけています
手前の茶色の帯はゼブラゾーンと呼ばれ車が走ると振動と音が鳴るものです
内地でも高速道路の居眠り防止に使われていますがここでは目的が違います
ヤマネコが事故に遭わないよう車が来ているのをヤマネコに知らせるものです

動物の数が減り生態系が壊れて初めて傲慢な人間は開発がもたらす負を考えます


アマダムから環境問題

残暑が続く毎日、涼しさを求めて宇治の山を汗をかきかき自転車をこぎます

天ヶ瀬ダム1508
宇治川の上流にはアーチ状の天ヶ瀬ダム(通称アマダム)があります

ダム近くにはたくさんのトンボが飛んでいて自然豊かな場所です
ダム湖には水草や枯れ木でできた浮島が見られます
よく見るとペットボトルやビニール袋などプラスチックごみが混じっています
ダムより下流に流れないよう柵に溜めてできた島で処分する量は年230tになるらしい

集まるとごみ問題もよく分かります

天ヶ瀬ダム流芥1508 クリックで拡大


山の住民に注意!

京都に新しく完成した高速道路を走っているとこんな看板を見かけます

高速道路動物注意1505
いろんな動物に注意! 山は昔から住んでいる彼らの住まいです

交通を便利にするために京都にも高速道路が新しく作られています
渋滞をなくして早く移動できるよう山の中にトンネルを掘っています
効率はよくなりましたが自然が切り開かれていくのは少し複雑な思いです

少なくとも以前から住んでいた山の住民の生活を脅かさないようにしたいものです


大地に走る生のしるし

雨の日にふと下を見下ろすと枯れた緑の庭を根が走っています

木の根1501
樹木の高さに負けないくらいの広がりでその根を伸ばしています

雑草の緑で覆われていた夏場には気づきませんでした
たまたま表に表れているこの風景は土の中を覗いたレントゲン写真を見るかのようです
ヒトの血管状に貪欲に土の栄養分を求めて生きています

「生」を感じます


赤い月

きのうの夜の月は赤かった

赤い月1403
ちょっと不気味にも神秘的にも見えます

赤い月は不吉なことが起こる前兆・・・ではありません
大気中のチリや水蒸気が多いと光が散乱され散乱されにくい赤い光だけが地上に届きます
今朝の空気は少しもやっています
大陸からPM2.5、黄砂が飛んできて大気に広がっている影響かも知れません

その意味では不気味かも・・・


循環する自然の原理

PM2.5で霞んだ大気もここ数日の雨のおかげで視界が見渡せるようになりました

伏見湿地1403
近くの湿地帯/野鳥の姿を写真に収めようと三脚を立てたウォッチャーの姿をよく見かけます

大気汚染の影響は、ここ京都ではそれほど感じませんでしたが隣の大阪では霧状態でした
雨によって空気は浄化されましたが有害物質を吸着した雨水は川に地面に流れていきます
水の中に棲む生物のことを考えると空気が澄んだことだけを喜んではいれません

自然の循環を人類のエゴで途絶えさせてはいけません


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント