FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷いながらも真実を探す旅

58歳のスタインベックが愛犬チャーリーとキャンピングカーで全米の旅に出ます

チャーリーとの旅1711
ジョン・スタインベックの半世紀以上前の旅行記「チャーリーとの旅」(1962)

言葉は地方の訛りがなくなり標準語に、食べ物は手料理から大量生産品に代わる
自然は壊されて住宅地がつくられ故郷は余所者が入ってかつての面影はなくなる
南部での黒人への差別意識など旅先で抱く疑問はまさに今の社会の問題です
文明化していると思いながら大切なものを失っていくのが人間の性とも思えます

道路に迷っている姿はアメリカの真実を探し求めている姿に重なります (。-_-。)


スポンサーサイト

ホットなエスニックな味が異国を思い出させる

タイ旅行のお土産にタイ料理の素をいただきました

タイ土産カレーペースト1710
カレーペーストで久しぶりにグリーンカレーをつくりました

以前タイを旅行した折に食べ物が気に入って一時期自分でもよく作っていました
当時はアジア食材も手に入りにくく勤務先の神戸の中華街でよく買ったものです
久しぶりに作ったカレーの味に楽しく暑かった旅の思い出がよみがえりました

この味を本場へ行ってまた試したいですね、辛いっ! (o≧口≦)o


ハッピーアワーがおいしい in カンボジア

昼間がこう暑いと仕事を終えてのどを潤したくなります

シェムリアップのハッピーアワービール1708 カンボジアビア1708
カンボジア・シェムリアップ の夕方のレストランに出るハッピーアワータイムの看板

「ハッピーアワービール 1杯0.5ドル」を掲げている店がいくつもあります
生ビールがお安くいただけます

暑い中遺跡巡りで疲れた後のビールはおいしいですよね (=^~^)-3


温暖な島の魚はカラフル!

気候環境が違うと海の色が違ってそこに住む魚の色も違います

公設市場の魚1707公設市場2階で刺身1707
那覇の牧志公設市場で並べられている魚は色鮮やか・・・もちろん無着色です

観賞する分には美しいですがなかなか食欲のわかない見慣れない色もあります
市場の2階にある食堂でもいただけ、その思いはいい意味で裏切られ旨い!

ごちそうさま  >゜))))彡  <゜)))彡  >゜))))彡  <゜)))彡


梅雨明けの沖縄

先週休みをとって梅雨の関西を抜け出して沖縄に行ってきました

久米島はての浜1707
梅雨が明けた沖縄は幾度か急な雷雨があったものの概ねいい天気でした

パソコンの画面を見すぎて眼は疲れるし体調があまり優れず自律神経失調気味・・・
仕事から離れようと思いたち怪我した手のリハビリも兼ねて関西を脱出しました
町なかを歩き、山に登り、海に泳ぎ、魚を観て地元の美味しいものを食べました

ちょっと遅めのGWでした p(*^-^*)q

那覇からフェリーで約3時間半の久米島へ行きました → ここから見れます


カンボジアのかぼちゃ・・・プリン

かぼちゃの語源がカンボジアだと以前聞いたことがあります

カボチャプリン1703カボチャプリン②1703
シェムリアップの市場の中の甘味屋さんにかぼちゃのスイーツを見付けました

かぼちゃの真ん中の種の部分をくりぬいてプリンを流し込んでいます
注文すると蒸かして柔らかくなったかぼちゃをスライス、皮をむき一口大に刻みます
たっぷりのココナッツミルク、シロップ、練乳をかけて出来上がり!!
プリン自体は甘さ控えめ、かぼちゃは自然な味わいです

滞在中に白玉ぜんざいや緑豆の餅など試しましたが、どれもおいしい! (ノ≧ڡ≦)


世界遺産~観光地として生きるジレンマ

日本の寒さから逃れて暑いカンボジアを訪れました

アンコールワット朝日1702
美しいアンコール・ワットの朝日…寺院前の池の周りにはカメラを構えた人でいっぱい

1992年に世界文化遺産登録されたこの遺跡の町に多くの観光客が押し寄せています
大型バスが何台も通りあちらこちらでホテル建設中の現場を目にします
宿泊、飲食、タクシーやトゥクトゥク、土産物、町をあげての観光地となっています
遺跡に上って記念撮影や大声で回る団体観光客など一部のマナーの悪さも見られます

あまりに急速な観光地化に一抹の不安を覚えるのは京都と同じです (´-ω-`)

カンボジア・シェムリアップの旅については → こちらをクリック


カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。