確認申請の中間検査が終わりました

楠葉野田の家は確認申請の中間検査を受けました

satoukou中間検査1710
屋根の小屋組が終わった段階での検査です

建物の位置、高さ、材寸、構造の筋交いや金物のチェックを受けました
特に指摘事項もなく無事終わりました

これで内部の壁、天井を仕上げていけます (^∇^)ノ


スポンサーサイト

木の格子が町の表情をつくる

文園町の家のリフォームは2階バルコニーに目隠し格子が付きました

koyokan3テラス面格子取付け工事1710
南面に当たる道路側に木製の格子は光と風を入れ外からの視線を遮ります

リフォームでは1階にあったリビング・ダイニングを2階に移しました
南に面したリビングから掃き出し窓で出れるバルコニーを90㎝跳ね出しました
それほど広くはないですがリビングは明るさと広さと解放感を得ることができます
明るさ、開放感を残しつつ外部と緩やかに縁を切るのが木の格子です

間口いっぱいの木の格子が町並みをつくります (*≧∪≦)


現場で外壁の色を打ち合わせしました

楠葉野田の家の外壁について施主さんご家族と現場で打ち合わせしました

satoukou外壁打ち合わせ1710
お嬢ちゃんも興味津々、一緒に色を選びました

ご自宅で打ち合わせした後、近くの建設現場へ行きました
建設中の建物前でサンプルを広げ屋外の光の下で確かめます
室内で見ているのと太陽の日の下で見るのとでは色は全く違って見えます
塗り壁の気になる色のサンプルを再度用意して最終決定の予定です

サンプルをつくって現場で確認するのが間違いありません (´∀`*)


基礎で建物の大きさが見えてきました

右京区I邸の基礎の配筋検査を行いました

imaisae配筋検査1710
工事期間中に雨が降りましたが遅れることなく組み上がりました

敷地への搬入路が狭いことの心配もご近所さんの協力を得て順調にいきました
事前の地盤調査の結果はよく直接基礎です

コンクリート打設日の天気予報は晴れ、予定通りです v(*'v`*)v


ロフトへの階段は家具調です

文園町の家のリフォームではロフトへの階段が付きました

koyokan3ロフト階段1710
テレビ台と組み合わせて収納棚を兼ねた階段を造り付けました

もともとフラットだった天井を撤去して屋根勾配なりに天井を高くしました
天井裏だった場所をロフトにして棚を兼ねた階段で上り下りします
梯子や天井収納梯子にすることもありますが今回はオープンな階段です

京町家の箱階段をイメージしています ∠(^ o ^ )


秋空のもと上棟しました

楠葉野田の家が上棟しました

satoukou上棟1709
この日は雨の心配もなく青空のもと8人の大工さんが順調に組んでいきます

骨組みが組みあがり形が見えてきました
その後お施主さん家族と工事関係者で上棟式を行いました
工事の完成と安全を祈りました
建物四方のお清めをし、お施主さんに工事関係者の紹介をします

工事に携わる面々を知っていただくことで安心していただけます (´ω`人)


階段室を通して空の光を取り入れる

文園町の家のリフォームでは階段が架かり仕上をしています

koyokan3階段と天窓1709
階段上部を見上げると光が入るよう天窓が設けられています

リフォームでは階段室の天井を撤去し新たに天窓を設けました
リフォーム前は玄関ホールは壁に囲われ光が入りませんでした
ホールに続く階段の壁を取り去り開放的にしました

階段室を通して光がホールまで届いて明るくなりました (´∀`σ)σ


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント