海外からの観光客をどれだけ受け入れるの?

年々増える 京都の観光客 ですが、街はキャパシティオーバーです

旅館業施設計画概要の看板1708
最近町なか特に東山区で旅館業施設計画の看板をよく見かけるようになりました

収容人数の大きいホテルから小さなゲストハウス、民泊まで新築・改築いろいろです
民家を改装した宿も増えてきていますが住民とのトラブルを心配してしまいます
落ち着いた石畳の路地を大きなスーツケースをガラガラ曳く旅行客も多いです
観光地で着物、浴衣を着ているのはほとんどがレンタル着物の外国人です

風情が失われテーマパーク化して嘘っぽくなっていく街に魅力減です (´ω`)


スポンサーサイト

ビルどうしがブリッジでつながる

梅田に行くと見慣れない新しいブリッジが架かっています

JR大阪ヨドバシブリッジ1708
JR大阪駅(左)とヨドバシカメラ梅田(右)が2階空中でつながっています

これまで大阪駅2階改札口からヨドバシへ行くのに一旦地上に降りるのが面倒でした
その不便さが解消されてずいぶん行きやすくなりました
大阪に暮らし始めた当初はアリの巣のような地下街の迷路空間に迷ったものです

背の高いビルも増えて空中の迷路通路ができていくのかな・・・ (*´v`)


京都の歴史の層

京都市役所の御池通りに面する広場は地下街とつながる地下通路を整備中です

京都市庁舎発掘1708
工事に先立って北の分庁舎に続いて本庁舎前広場は遺跡発掘調査中です

平安京の外縁部でもあるこの地はかつての本能寺の境内北部に当たります
本能寺の変があった場所から移ってきた敷地です
その後禁門の変で火災に見舞われ明治には京都市議事堂が設立されます

平安期より重ねられてきた歴史の層があります W(`0`)W


昭和初期の風景が残る神戸の街

阪神淡路大震災前に住んでいた神戸市東灘区は被害が大きかった地域です

岡本阪急高架1708
阪急岡本駅あたりは阪急電車をくぐる小路が残っています

狭い道は車がすれ違うにはきびしく車待ちしています
丸い石の石垣は神戸の街でよく見ます
谷崎潤一郎の愛した町はこんなんだったろうなぁって思わせます

あの大地震にも耐えた記憶の残る風景です (^-^)/


世界遺産の森の隣りに高級マンションが建つ

下鴨神社の糺の森にマンションがほぼ出来上がっています

下鴨神社糺の森マンション建設1708
敷地は糺の森の南、参道は残され分棟の低層のマンションを樹木が隠しています

道路を隔てて世界遺産からは外れていますが原生林が残っている地域でした
梨木神社といい下鴨神社といい神社の維持のための莫大な費用捻出が理由です
市内の高級マンションは県外や外国人のセカンドハウスとしての購入も多いらしい
観光の際に使われ普段は人が住まない町に変わることもあります

自然環境のみならず住環境に与える変化も知る必要があります (*゚ェ゚*)


猥雑さが町を魅力的にする

大阪駅前ビルの地下の飲食街の夜は昼間とちょっと雰囲気が変わります

大阪駅前ビル地下飲み屋1707
整然とつくられた通路にお酒を楽しむ人がはみ出しています

1970年代に建てられたオフィスが入る複合ビルは合理的で無駄のないプランです
その通路にテーブル、椅子を出して飲んでいる風景は路地裏の飲み屋街のようです
昭和のビルの中に意図せずにできるこの路地的空間が魅力的に思えます
最近の町なかに建つ洒落たビルは洗練されているものの人間らしさが感じられない

型を崩した猥雑な雰囲気が賑わいを生んでいます (*'с'*)ノ


繁華街の夜が眩しい

仕事帰りに通りかかった大阪・北新地の夜は華やかです

大阪北新地の夜1707
平日の夜で人も少なめですがネオンが明るい

ここから歩いて帰れる距離の場所に住んでいたころは日常的に見ていました
現在住んでいる伏見は住宅街で全く見ないにぎやかな風景です

久しぶりの大阪の夜の繁華街が眩しく感じます (*≧∪≦)


カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント