観光地化した町の様相に戸惑いを覚えます

仕事の合間に時間ができたので久しぶりに新世界へ行きました

新世界1806
10年ほど前からの串カツブームに今はインバウンドと多くの人で賑わっています

学生時代の昭和の終わりごろは若者は寄り付かないちょっとディープな町でした
天王寺公園でラジカセの音楽に合わせて着物羽織ったおじさんが舞っていたり
ジャンジャン横町から高架下でハモニカおじさんを聴いていたころが懐かしいです
昭和な雰囲気が残っていて庶民的で町探索にわくわくしましたが今は遊園地のよう

新世界ならではの町の面白みがなくなりました く("0")>


スポンサーサイト

住宅密集地に緑の空地が現れる

守口市の京阪滝井駅近くに関西医科大総合医療センターがオープンしています

関西医大ホスピタルガーデンあじさい1806
医療センター隣の旧関西医大付属滝井病院本館跡地は緑地に生まれ変わりました

患者さんのリハビリや病院利用者のためにつくられた「ホスピタルガーデン」です
約8,800㎡の広い敷地に池、橋、あづまやがつくられ芝生、樹木が植栽されています
午前7時から午後7時までは一般にも開放され災害時の避難場所にもなります
もともと住宅が密集して建つ緑が少ない地域だけに緑地公園が気持ちいいです

病院施設が地域に健康的な広場を提供するのに貢献しています ヽ(≧∀≦)ノ


卸売市場近くの市場メシに外れはない

卸売市場近くのごはんやさんは市場関係者が行くだけにハズレはありません

京都市中央卸売市場食堂街1805
京都市中央卸売市場にも隣接した事務所棟の1階に食堂街があります

レトロな雰囲気ただよう食堂街にのれんが架かっています
市場の定番の造り定食はもちろん、おかずの皿を自分で選ぶ食堂が懐かしい
早朝から営業の店やカレーやラーメン、サンドイッチにこだわりの店などがあります
市場ならではの雰囲気、味、安さがなんともいいです

市場の整備計画があるようですがこの雰囲気を壊さないでほしいです (。>ω<。)ノ


京都の町をレトロな電車が走るのもいいのでは・・・

地元伏見は日本最初の電気鉄道、京都電気鉄道の路面電車が走った場所です

電気鉄道発祥の地1803 電気鉄道事業発祥の地石碑1803
下油掛の京菓子店・駿河屋前に電気鉄道事業発祥の地を示す石碑が立っています

1895(明治28)年に開業、市内から伏見区の京阪中書島駅までを結んでいました
そんなに過去でない1970(昭和45)年までチンチン電車が町の風景になっていました
モータリゼーションの進展やバスへの転換が廃止の要因の一つです
近年、海外からの観光客の増加により特に市内のバスはパンク状態です

環境にやさしいLRTとして今こそチンチン電車の復活を夢見ます (´ω`人)


消費社会の街のリノベーション

スーパー、専門店が立ち並ぶ近所の商業激戦区の建物の一つが取り壊されます

イトーヨーカドー解体足場1803
閉店後1年ほど放ってあった大型スーパーに解体の足場がかかりました

跡地にはマンションを建設することがようやく決まったようです
すぐ近くには別の大規模なマンションが建設中で住人も増えるはずです
そうなるとまた商業施設が必要になります
建物を建てたり壊したりのイタチごっこが繰り返されます

建設費、解体費を考えると街の資源がもったいなあ (*´ω`)┛


現代の建築に伝統を感じさせる台湾

暖を求めて台湾を訪れましたが町なかはジャケットを羽織っている人も多いです

台南美術館建設中1803
台南市内では坂茂氏設計の台南美術館が建設中です

高雄、台中、台南に行きましたがどの町も建設ラッシュです
日本をはじめ世界の建築家が設計した建物も出来上がっています
建物が植物と一体であったり壁画やパターン柄がデザインされていたりしています

現代建築が台湾のもつ伝統芸術とうまくコラボレーションしています o(^▽^)o

台湾の旅については → こちらをクリック


中国語が飛び交う古都京都~旅で知ってほしいもの

現在春節祭の時期で中国から多くの観光客が日本にも訪れています

春節祭の八坂の塔1802
普段から観光客の多い京都ですが特にこの時期着物姿に中国語がよく聴かれます

最近は爆買いは減りモノ(購買)からコト(体験)へと楽しみ方が変わっています
団体旅行で気に入って次回は個人旅行をするリピーターも増えました
日本の商品を買ったり美しい場所を見たり美味しい食べ物を食べてほしいです
それ以上に自国で教育、報道されるのとは違う日本人と触れ合ってほしいです

直に国民を知れば国どうしとは違う理解の仕方が生まれますから (´・Д・)」


カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント