FC2ブログ

アイススケートの思い出

天気予報では今週暖かくなるようですがまだまだ寒い日が続く京都です

グランフロント大阪アイスリンク1902
今年もグランフロント大阪うめきた広場では屋外スケートリンクが営業しています

伏見にも子どものころは伏見桃山アリーナがあり小学校の授業で行きました
その後なくなりましたが醍醐にも新しいアイスリンク、醍醐スケートができました
そのアイスリンクも今はないですが今活躍のスケーターも滑っていたようです
友人と話していたら、当時デートと言えばスケートに誘ったと言います

残念ながら、自分にはそんな甘い思い出はなかったです・・・

p(´⌒`。q)


スポンサーサイト

名所の観光になるコースを駆け抜ける

きのう京都では京都マラソンが行われていました

京都マラソン1902
ゴールの岡崎・平安神宮前ではラストスパートとするランナーに声援を送りました

京都マラソンは西京極総合運動公園をスタートし平安神宮前にフィニッシュします
天龍寺、仁和寺、龍安寺、金閣寺、上賀茂神社、下鴨神社、銀閣寺が途中にあります
また、神社やお寺の観光名所や賀茂川沿いを走り、送り火の五山を望めます
楽しみながら走るのが市民参加型マラソンの良さです

応援していると自分も走りたくなりました・・・・・・これから身体つくるか!!

(*≧∪≦)


思い出の場所がなくなる

かつて大阪・梅田の待ち合わせ場所と言えば紀伊国屋前かこの場所が定番でした

泉の広場1901
梅田地下街ホワイティうめだの「泉の広場」のX'mas飾りされた昨年末の様子

大阪で暮し始めたころ地下街が迷路のように分かりにくく迷ったものです
目印にもなり待ち合わせにも使っていた泉の広場の噴水が今年撤去されます
1970(昭和45)年の万博の年につくられ何とも昭和な香りがする広場です
ハイテクを使うでもない水の流れる空間に親しみやすさとあたたかみを感じます

その居心地がいい空間がなくなるのは淋しいです

(;д;)


正月に見る和装はいいものです

京都・円山公園で建築仲間と新年の集まりを前に八坂神社をお参りしました

八坂神社1901
三が日も過ぎたせいかそれほどの混雑はありませんでした

本殿では着物を着た男女4、50名の団体さんがご祈祷を受けています
町なかも色艶やかな姿がちらほら、京都の町そして日本人は着物姿が似合います
日本の民族衣装着物も見れるのはこうしたハレの場だけになってしまったなぁ
正月を終えると当たり前ですが皆洋服となり和服が浮かないのは観光地くらいです

合理主義によって失われた伝統を残念に思いちょっと考えてしまった

(*´~`*)


大阪のパワーを感じる庶民の商店街

仕事の帰りに久しぶりに天神橋筋商店街に寄りました

天三商店街1812
何軒か店変わりしていましたが相変わらず賑わいを見せている商店街です

大阪に住んでいたころは近かったのでよく行っていました地元に帰ってきたようです
数年前からは一本入った通りが若者の集まる飲食街になっているらしい
安くておいしいごはんが食べれるし古書店もあり大阪らしい商店街の一つです
活気があるこの雰囲気の商店街は京都では出会いません

訪れる人誰もを受け入れる雰囲気をもっています

( ^ω^ )


古新聞劇場欄から思い出す町のにぎわい

実家のタンスを整理していると引き出しの底に湿気取りに新聞が敷いてありました

京都新聞の劇場欄昭和50年1月9日1812
43年前の正月明け、昭和50年1月9日の日付のある京都新聞の劇場欄です

京都市内に多くの映画館があった時代で盆正月は豪華なプログラムを組んでいます
松竹は男はつらいよとドリフターズの2本立て、京劇は新仁義なき戦いとアクション
洋画はエマニエル夫人、007黄金銃をもつ男、大地震、エアポート75と華やか
当時名画座だった祇園会館はパピヨンとチャップリン黄金狂時代の2本立て

お正月に充てた豪華な映画でにぎやかだった町を思い出します

o(^▽^)o


いまだブルーシートを多く見かけます

今年後半の京都は大きな地震、強烈な台風と立て続きに災害に見舞われました

ブルーシートのかかった家屋1812
地震から半年近くになりますが家の近所ではブルーシート張りの屋根を見かけます

地震の揺れで瓦がずれてその後の台風21号と、ダブルで打撃を受けています
付き合いのある工務店さんと話していると職人さんの数が足りていないとのこと
来年の夏ころまで屋根やさんは予定が埋まっているらしいです
工事の順番待ちの家の他、高齢化して修繕に経済的に困難な家もあります

近年自然災害が多くなり改めて対策を考える時期のようです

(。-_-。)


カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント