床暖房用のフローリング

T邸のフローリングを貼り始めています

Taki床暖フローリング1411
床暖房を入れる床のフローリング材の断面です

床暖房を入れると無垢材だと木材の乾燥があるため伸び縮みの少ない硬い木を選びます
今回は丸々無垢ではなく三層になっているナラのフローリング材を選びました
表面の無垢の層部分が厚いものなので多少傷がついても無垢材とあまり変わりありません
合わせ材なので製品幅も広いものがあり今回は15cm幅にしました

無垢の木の表情と足あたりはいいもんです


スポンサーサイト

打ち合わせ用の模型

昨日は一日模型作りをしていました

模型製作1411
立体模型は誰が見ても雰囲気が分かりやすい打合せ資料です

建物は白いスチレンペーパーで作ります
あまり作りこまず家具や車、人、樹木など使われ方が分かる最小限のものだけ作ります
材料を特定する色がなくあまりリアルでないのがかえって空間構成を引き立たせます

設計者も実現する空間を頭に思い描きながら時には変更を加えながら作っていきます


小春日和

きのうはポカポカ陽気の小春日和、上着を着て外出すると汗をかきました

釣り人1411
近くの池ではのんびり釣りを楽しんでいる釣り人を見かけました

日本での小春日和は米国ではインディアンサマー、欧州では老婦人の夏と言います
呼び名は違えど季節が冬に入る前に世界各地である現象です

秋から冬へのバトンタッチ、季節ものんびり、ちょっとお休みの一日でした


雨に濡れる

久しぶりに降った雨が2日続きました

団地落葉1411
落ち葉が雨に濡れてしっとりしているのも風情ありです

たまには乾燥した空気にも潤いを与えないと・・・

紅葉の京都もいよいよ終盤です


大工さんの打合せ図面

T邸の打合せを現場で行いました

Taki大工打合せ原寸図1411
監督と大工さんと枠の納まりについて打ち合わせ中です

大工さんは合板の切れ端に曲尺で枠の図を描いています
図は原寸大で描くので間違いはありません

設計者の小さな図面を原寸で描いて確認することは大切です


家族みんなが工事の無事を祈ります

走谷の家の地鎮祭が行われました

Naga地鎮祭1411
天気もよく無事終えました

施主さん夫婦と娘さんが出席されました
もうすぐ2歳になる娘さんもしっかり拍手が打てました

土地の神様に工事の無事を皆で祈りました


教え子の近況を聞く

以前非常勤講師をしていた学校の教え子と大阪梅田で集まりました

中央実務同窓会1411
今回集まったのは8名、沖縄からの参加もありました

10年近く前に受け持ったクラスの卒業生の活動を聞けました
話題は最近の仕事のことや地元のことなど
成長した卒業生の話を聞くのは楽しいものです

時間はあっという間に過ぎ最終電車で帰ってきました


カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント