女神像がある建物

京都駅に近くJR京都線の車窓から見える気になっていた建物です

タキイ種苗京都1506
建物正面のレリーフ像が目立ってミュージアムか音楽ホールと思っていました

間近で見ると足元の柱の一部は緑化され植栽が置かれています
肝心の像を見ると女神が片手に花束を抱えもう片手でドレスの裾を掴んでいる様子
タネを蒔いている女性に見えなくもない・・・

♪ターネのタ・キ・イッ~♪のCMでお馴染み、タキイ種苗の京都本社ビルでした

タキイ種苗京都像1506 クリックで拡大


スポンサーサイト

雨が降らないうちに

関西地方は梅雨の合間の青空が見えました

InoA屋根葺き1506
ガルバリウム鋼板屋根を葺いています

梅雨の雨が続く前に屋根工事が終わっていれば一安心です
今日中には一通り目途がつきそうです

この時期の貴重な晴れの日を有効に利用できました


セミオープンな階段室で開放感を

文園ハウスは玄関ホールから2階へつながる階段室を施工中です

InoC階段室1506
壁で囲われた階段室ではなく下の数段一部分をオープンにしています

壁で囲われたという圧迫感は少なくなり実際以上の広さを感じます
上階にある窓から入る光が下まで届き明るいホールとなります

階段室もホールの一部と考えて計画します


実物で確認する

計画中の住まいに使用する照明器具を確認するためショールームへ行きます

コイズミSR1506
ペンダント照明の実物を見に行きます

カタログでたいていの情報は得られるので選ぶことはできます
それでも大きさや材質や明るさは実物を見て触ったほうが確実です

部屋を模して作られたショールームで設計中の部屋のイメージを膨らませます


明治の産業遺産・土木遺産の文化的価値

軍艦島が世界遺産登録を目指していますが保存に向けての補修など課題はあります

鉄道遺構再発見展1506
Lixilギャラリー大阪の「鉄道遺構再発見」展では廃線になった遺構を紹介しています

高知県・魚梁瀬森林鉄道が繫栄していた頃のフィルムでは当時の村の様子が知れます
廃線となった施設が第2の現役施設として再利用されているものが紹介されています
機能や形を変えているもの、観光資源となっているものなどです
自治体や企業、地元住民たちが連携してかつての遺構が日の目を見ています

かつての日本繁栄を支えた施設が文化的価値を認められることはうれしいです


秀吉が生きた時代の空気を感じる

伏見桃山の実家の近所から豊臣秀吉の城址が見つかり発掘調査が行われています

伏見指月城発掘現場1506
秀吉が天正20(1592)年に建設し文禄5(1596)年の伏見地震で倒壊した指月の城です

その直後、木幡の城が再建されこの城で秀吉は亡くなります
2つの城を総称して伏見城といい石垣や堀、金箔や紋入りの瓦が出土しています
もと団地が建っていた広い土地で見つかった堀の一部分でその大きさが想像できます
発掘作業は7月いっぱいで終了し遺跡は埋められ予定通りマンションが建設予定です

その間秀吉が生きていた時代の土地の様子に想いをめぐらせます


住まいの思い出を残す

土居町のリフォーム工事では現在のお宅に使われている部材を活用します

Ino再利用部材1506
建具については障子や襖の引き手を再利用する予定です

リフォーム前の住まいを見て回り建材や建具、部材はできる限り保管しておきます
構造材や床の間の板など新しくする住まいに再利用できたらと考えています
特に無垢の材料はカンナさえかければこれから先も使えそうです
その部材を見るとき、手に触れるときにかつての住まいを思い出します

リフォームでは単に新しくするのでなく思い出が受け継がれればいいです


カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント