いけばなの心

六角烏丸を東に入った紫雲山頂法寺は用明天皇2(587)年聖徳太子が建立しました

六角堂側面1508
六角堂で知られている六角宝形造の本堂は街なかにありビル群に囲まれています

本尊の守護に命ぜられた小野妹子は入道して太子沐浴の池の傍らの坊を営みます
太子の教えに従った妹子は朝夕宝前に花を沿え代々の住職がこれを伝えます
室町時代にいけ花の名手として知られ確立されたのが池坊華道です

いけばなの発祥のいわれに単なるアートとしてではない信仰の心を知ります


スポンサーサイト

床下の湿気を防止する

土居町のリフォームでは床下に防湿対策をしました

Ino防湿土間コン打ち1508
地盤の上に防湿のポリエチレンフィルムを敷きその上にコンクリートを打ちます

コンクリートを打つ他に防湿フィルムのみの施工や調湿材の設置なども有効です
床下の木材が湿気を帯びて腐らないためにも床下はからっとしたいものです

風の通りも大切なので換気がよくなるよう考えています


アマダムから環境問題

残暑が続く毎日、涼しさを求めて宇治の山を汗をかきかき自転車をこぎます

天ヶ瀬ダム1508
宇治川の上流にはアーチ状の天ヶ瀬ダム(通称アマダム)があります

ダム近くにはたくさんのトンボが飛んでいて自然豊かな場所です
ダム湖には水草や枯れ木でできた浮島が見られます
よく見るとペットボトルやビニール袋などプラスチックごみが混じっています
ダムより下流に流れないよう柵に溜めてできた島で処分する量は年230tになるらしい

集まるとごみ問題もよく分かります

天ヶ瀬ダム流芥1508 クリックで拡大


走る産業遺産

梅小路蒸気機関車館に来るのは子どものころ両親に連れられて来て以来です

梅小路蒸気機関車館1508
蒸気機関車が放射状に並ぶ扇形の車庫のデザインがカッコいい!

多くのパイプ、タンク、バルブがつながれた大きな黒い筒に機械の美しさを見ます
手づくり感もあるこの複雑な機関をマニュアルで動かされていることに感心します
汽笛がやさしく無骨さが愛らしいのは最近のしゅっとした列車には見られません
きかんしゃトーマスのように擬人化され愛されるのにもうなずけます

8月30日で閉館されますが来春京都鉄道博物館として生まれ変わります

梅小路蒸気機関車館③1508 クリックで拡大


高所でも狭い場所でも使えます

現場ではクロス貼り中です

伸縮はしご1508
従来の折りたたみ式のはしごに加えてこんなはしごも使われています

釣り竿のような構造で伸び縮みし小さくすると長さは1m弱のコンパクトサイズです
アルミ製なので軽くて持ち運びも便利です
販売当初の海外製はストッパーが壊れやすかったらしい
最近の日本製は優れていてコストもずいぶん安くなったと職人さんの言葉です

少しでも作業しやすいように工夫された道具が現場の仕事を支えています


リフォームでコンクリート基礎を設けます

土居町リフォーム工事で基礎の補強を行いました

Ino基礎コン打1508
室内に足場をつくって新しくつくる基礎にコンクリートを打っています

以前に一度改修されたらしく一部基礎があるものの不安な構造です
基礎がないため土台が腐っている箇所もあります
今回間取りを変えて構造上主要な壁になる下部に基礎をつくります
コンクリートを打つのにポンプ車が届かないので一輪車を押しての手作業です

ポンプ車がなかったころは当たり前の作業でしょうがなかなかの重労働です


町に顔見知りをつくること

大阪での仕事場近くのマンション1階ガレージに地蔵盆のちょうちんを見ました

土居辺地蔵盆1508
少子化やマンション建設で少なくなりましたが行事を継承している町もまだあります

周辺は古くからの棟続きの住宅も残るもののマンションに建て替わりつつあります
地元京都で子どものころは地蔵盆で近所の子どもたちが年齢を超えて遊んでいました
おとなたちも町内会、自治会などの結びつきが強くできていました
子どもを見知っていればあいさつや声もかけその目が見守れる安全な町を生みます

昔からの地域の行事を通して隣人、特に子どもに対して関心が払われればと感じます


カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント