本当の戦争の話をしよう

この本の冒頭にフィクションであるとキャプションがあります

本当の戦争の話をしよう1705
ヴェトナム戦争に従軍した ティム・オブライエン「本当の戦争の話をしよう」

戦場で殺人を犯していなくてもその場に居合わせたこと自体で罪悪である・・・
そしてティムは自責の思いと悲しみを感じます
話の真実性は実際に起こった真実性よりもっと真実である場合がある・・・
フィクションは見えないものを現出させ感情を与えることができると言います

最悪の危機にある現在、想像力を働かせて真実を知ることが大切です (・⊇・)


スポンサーサイト
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント