恐怖に装備を増やしている現実

恐怖に対して暴力で備えることに警鐘を鳴らす映画がかつてありました

ボウリング・フォー・コロンバイン1709
「ボウリング・フォー・コロンバイン」(2003) マイケル・ムーア監督

1999年4月コロラド州コロンバイン高校で起きた少年の銃乱射事件を機にしています
先進国の中でもひときわ銃による死者が多いアメリカの抱える問題を探っていきます
政治家は大義名分ができメディアは恐怖を煽って敵をつくり銃を売る企業が潤います
日本がミサイル攻撃に備えて莫大な防衛予算を計上している現状況に重なります

政治と企業の癒着、社会福祉、人種差別、メディアなど今一度考えたい (´・Д・)」


スポンサーサイト
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント