世界的な気候の変化にブルッと来る

30日、台風22号が通り過ぎた京都では夜明け前の強風の音に目が覚めました

黄檗の紅葉1710
宇治の黄檗の山の方面に行くと、そろそろ葉っぱが色づき始めています

気象庁は30日午前、近畿で「木枯らし1号が吹いた」と発表しました
どおりで昼からの屋外での現地調査は寒さが身に染みた!
大型台風が列島を駆け抜けたと思ったら冬の訪れを告げるすごい風
欧米でも豪雨や強風が大きな被害をもたらす地球規模の気象変化に懸念します

雨続きだった秋の後は早や冬型の気候です ((p(>_<)q))


スポンサーサイト

原寸大の名画に触れることができるミュージアム

京都府立植物園の隣に安藤忠雄氏設計の陶板名画の庭があります

京都府立陶板名画の庭1710
陶板画の一つ、ミケランジェロ作「最後の審判」はほぼ原寸大です

原寸大の「最後の晩餐」や拡大された「鳥獣人物戯画」なども観れます
間近でゆっくり観れるので細かく観れて発見もあります
通りからは小さな施設に見えますが入ってみると地下深くに空間は広がります

巧みにつくられた空間を巡る楽しみがあります d(^o^)


仕事の合間を縫って草花木を見に行く

朝から京都市北部で仕事の後時間が空いたので京都府立植物園へ行きました

京都府立植物園1710
車も多く通る北山通りの喧騒から一歩入ると静かな場所です

近くに住む親子連れやお年寄り、遠足の子どもなど地元に愛されている施設です
先日の台風21号の影響で倒れた樹木もあり被害は少なくないようです
花の蜜を求める蝶々や蜂を間近で見、森の中の小鳥のさえずりを聴きました
西洋風庭園のベンチで花を見ながら買ったきたパンでランチしました

仕事から解放されてゆっくり園内を歩きのんびりできました ((^∀^*))


雨が続いた後、上棟しました

右京区I邸は雨で工程が少し延びて上棟しました

imaisae上棟1710
秋の晴天の下、組み上がりました

敷地への侵入経路が狭いため心配していました
敷地近くまで材料を搬入して現場まで手作業で運んでもらいました
平屋だったこともありクレーンを使わずに無事組み上がりました

それにしても天気のいい日の上棟は気持ちいいものです p(*^-^*)q


ガスを引き込み替えました

楠葉野田の家のガスの引込み工事が行われました

satoukouガス工事171024
道路を掘り返して本管からつなぎ直します

現場に火気厳禁の看板を掲げて工事をしています
ポリエチレン製の管に新しく取り替えています

耐食性、耐震性がある樹脂管に替えて安心できます (」*´∇`)」


健康診断に行く

年に一度の健康診断に行ってきました

健康診断1710
基本的な検査の心電図、肺のレントゲン、聴力、視力、血液検査などです

心臓、肺、メタボは問題なく血液検査は結果待ちです
最近、喉の調子が良くないのはストレスが原因?だとか・・・
ここ1、2年は旅先で怪我したり自転車でこけたり運動神経が落ち気味です

近頃は気持ちの年齢と体力との間に差があるのを感じます (。-_-。)


光と風を送る床をつくる

文園町の家のリフォームでは2階につくった中庭の床から下階に光を落とします

kouyoukan3グレーチング設置1710
2階テラス/1坪程度の中庭空間を2階に新たにつくり1階に光と風を送ります

奥行きの長い家で真ん中の部屋は上部のトップライトから光を入れていました
今回、光と風が入りにくい1階の中部屋の一部を屋外の中庭に変えました
従来のトップライトは撤去し半透明のグレーチングを敷き光と風を入れます
1階がコンクリート造のため自由に床に穴を開けられず既存の開口を利用しています

1階、2階の小さな庭が住環境を快適に変えるはずです (o‘∀‘o)*:◦♪


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント