ラテンアメリカ文学の愉しみ

かつて夏の暑い日木陰でボーっとして蝉の声にうたた寝したことを思い出します

ペドロパラモ1806
メキシコの作家フアン・ルルフォ(1917-1986)による「ペドロ・パラモ」(1955)

白日夢を見るようなのはメキシコの照りつける太陽がそうさせるのか
現在と過去が行来し現実と夢か混在し実存する人間と幽霊か複雑に絡み合う
数多くの登場人物の関係をメモを取りながら頭の中でほどいてゆきます
作者の投げかける謎に読者が挑戦するような本の面白さがあります

読み終えた後もう一度最初から読み始めてしまいました (*´_ゝ`)


スポンサーサイト
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント