FC2ブログ

商店街に光射しこむ

金下町のダンススタジオは既存建物の解体が終わりました

inoueDS更地1810
商店街に面した敷地ががらんと空きました

さえぎる建物がなくなって陽の光がアーケード街に落ちています

地盤調査を行い建設に向け準備を進めます (^-^)/


スポンサーサイト

祭りは誰もが楽しめる陽気なもの

スペイン・サラゴサを訪れた10月12日は州最大のお祭り、ピラール祭の日でした

サラゴサピラール祭1810
各地から訪れた老若男女がそれぞれの美しい民族衣装に身をまとっています

市の守護聖母、エル・ピラール聖母に献花するためピラール広場までねり歩きます
献花式に参列する人々は民族衣装を着用しなければならないという条件があります
ただ、どこの地方、国の民族衣装でもいいらしく、さながら仮装行列です
お酒も入っていますが小さな子どもも多く陽気に祭りを楽しんでいる感じです

渋谷でも世界発信されても恥ずかしくない程度に楽しんでほしい ヽ(゚~゚o)ノ


残されたものへの語り

戦後の広島を舞台に書かれていますが大災害の後の状況も似ています

父と暮せば1810
心に染み入る戯曲 「父と暮せば」井上ひさし(1934-2010) 中国語対訳版

井上はヒロシマとナガサキとを書くことが何より大切と考えていました
広島の原爆に一命をとりとめ残されたものの苦悩を描きます
亡くなった人を助けられなかった後悔、自分だけが助かったことの罪悪感
主人公の苦悩は阪神、東北の大地震など被災された人にも重なります

残された者へのやさしい語りです (*’U`*)


海外旅行にはスマホが必携になるかなあ

スケジュールがきちっと決まっていない旅ゆえに今回初めてスマホを使いました

スマホとsimカード1810
simフリーのスマホにプリペイドsimカードを入れて使いました

日本で予約できていない宿と移動手段を現地で探すのに時間と手間が省けます
宿や飛行機、列車、船に空きのない場合や電話予約でのトラブルは避けられます
最新の運行情報などは英語が読めればOK、読めなくても翻訳アプリもあります
実際、祭で宿がとれない、海が荒れて船が欠航、空の便の変更などを経験しました

最低限の情報を得るのに役立ちました (#^.^#)


地震による壊滅状態から復興した街

サントリーニ島の白く塗られた建物群はエーゲ海を代表する景観です

サントリーニ島イア1810
イアの町/絶壁に張り付くように建てられた白い建物と迷路空間

火山の島の岩をくり抜いてつくられた住居がホテルなどに利用されています
エーゲ海の青と太陽の日差しにより美しい景観を生み出しています
この美しい町ができたのはそれほど古くはありません
1956年、地震により町は壊滅状態、今見る景観はそれ以降につくられたものです

復興は見事成功し多くの観光客を集めています (*´ω`)┛


秋日和、楽しむ

きのうの京都はいい天気でした

鴨川四条辺り1810
鴨川から見ると南座を覆っていた工事中の養生が取れています

鴨川沿いを自転車で走り途中でピクニック気分でおにぎりでお昼をしました
多少気温は低いながらベンチに腰かけて陽だまりにとうとうとしてしまいます

秋の風を楽しみました ヽ(´∀`)ノ


まだまだ知らないステキな場所があるもんだなぁ

バルセロナからバレンシアへ、帰りは行きと違うアラゴン州(山)周りを選びました

アルバラシン立面1810
テルエルから1日1本のバスで50分の村・アルバラシンが美しい

ルートを検索してるとおすすめの場所として挙げている人のブログを見つけました
アラゴン州では州都のサラゴサ、テルエル、アルバラシンに寄りました
地球の歩き方にも情報は少なくアルバラシンに至っては掲載すらされていません
テルエル、アルバラシンでは日本人を含むアジア人観光客には出会いませんでした

まだまだ知らないステキな場所があるもんだなぁ、つくづく思います (*^^)v


カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント