日本のKOKORO

ラフカディオ・ハーン(小泉八雲 1850-1904)は「怪談」でよく知られています

心ハーン1401
「心」"KOKORO"(1896(明治29)年)/随筆でありながら一篇の美しい文学作品のようです

外国人による日本論の中でも本書は内面について詳しく分析されています
日本人の人情、精神、情緒、気質、仏教や神学の宗教観、さまざまなことを観察しています
現代の日常生活の慣習などにわずかに残るものの遠い昔の話を聴くがごとくです
日本と対照的に批判されている当時の西洋文化はいまや現在の日本文化そのものです

日本人以上に日本を愛していたハーンの目には今の日本はどう映っているのでしょう


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1129-ee7d683b

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント