街なかに残る森 ごりょうさん

京都・伏見桃山には手付かずの森が残っています

桃山御陵1402
明治天皇陵のある桃山御陵、通称 「ごりょうさん」 はこの参道を上ったところにあります

森にはクヌギの木がたくさんあり子どものころは柵を乗り越えてゲンジ捕りをしてました
参道の 230段の心臓破りの階段は通っていた高校の体育の授業のマラソンコースでした
散歩に訪れる人も多い自然が残る公園です

神社や寺と同じように、ごりょうさんが街なかで市民憩いの緑地としての役割を担っています


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1157-a9bb9021

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント