生きた歴史の博物館

京都・伏見の京町通りにあるご飯屋さんです

京町通り格子弾痕1402
オモテの格子に連続する穴や溝のキズがあります

このキズ痕は鳥羽伏見の戦い(慶應4(1868)年)のときの弾痕です
こうした歴史の生き証人的建物が普通に使われています
修復もせずに使われてるのがいいです

伏見では教科書でしか習わない出来事を追体験できるものが多く残っています


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1158-85163d86

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント