見えない仕切り

枚方・茄子作の春日神社の参道です

春日神社結界1402
神社入り口には青竹が渡され、注連縄に紙垂(しで)がつけられています

紙垂とはジグザグに折られて下げてある紙のことで、ジグザグの形は雷を表しています
地鎮祭の際にも敷地四隅に青竹を立てて紙垂を下げた注連縄をめぐらせます
囲われた神聖な敷地から邪気を追い払い土地の神様に工事の無事を祈ります
この参道でも、ここからは聖域ですよ(結界)というサインとなっています

それを示す文字が書いてあるわけでもなく、見えない仕切り・境界が存在します


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1171-b2b2f76b

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント