動物に囲まれた建築

仏具屋の町家が並ぶ通りにひときわ目を引くのは 伊東忠太 設計の本願寺伝道院です

本願寺伝道院1406
インド様なドームの屋根を戴いた赤レンガの建物周りに動物?の石像が置かれています

動物好きらしく東京の築地本願寺など設計した建物にしばしば動物の像を設けています
日本の建築は古くから欄間の彫刻や左官の鏝の技でつくられた動物の装飾があります
20世紀に入って欧州からの合理主義建築の影響で装飾のある建築が徐々に姿を消しました
無駄なものは省かれ遊びがなく伊東建築のような親しみやすさもなくなっていきました

遊び心をもった建築は今は芸術性の高い作品として愛されています


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1287-ff738a39

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント