長屋リフォーム事前調査で小屋裏をのぞく

N池町の長屋のリフォームの現場で一部天井を解体して小屋裏の調査です

N池長のリフォーム小屋裏1407
隣家のほうを覗くと家どうしを仕切っている土壁は天井で終わり小屋裏はつながっています

ネズミも音も風も行け行けなのは昔の長屋にはよくあること、できれば縁を切りたいものです
リフォームに当たっては家どうしの境の界壁とは別にこちら側に新たに壁を設ける計画です
新しい壁の分だけ床面積は多少減りはしますが耐震、防音、断熱の点で役立ちます
工事中は隣と共有していた柱や壁を傷つけることもなくなります

屋根裏の散歩者はいなくなります


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1300-4139e299

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント