南米からの小さな侵入者

昨年引っ越してきたとき家の周りの道路脇に置いてあるプラスチックの容器が気になりました

アルゼンチンアリ1408
その理由が川沿いに建てられたアルゼンチンアリの説明書きで判明しました

2年ほど前からアルゼンチンからやって来た蟻が伏見区で確認されています
その拡がりを見せた外来種を防除するための薬が入った容器を公道に置いてあるのです
体長2、3mmの小さな蟻で小さな隙間からも家の中まで侵入することもあるようです
ひとつの巣に女王蟻がたくさんいることで繁殖能力が高く生態系が崩れるとのことです

物や人の行き来が自由な世界になりましたが、こういったグローバル化は避けたいものです


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1353-9769044e

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント