新しい風を吹き込む

学生時代以来、青蓮院門跡を訪れるとアートギャラリーのように変わっています

青蓮院門跡襖絵1409
華頂殿の襖絵・蓮は木村英輝さん作(2005年)

襖絵が現代アートの作家によって色鮮やかに描かれています
古い技法や材料にとらわれない大胆な絵です
平安時代末期からの青蓮院門跡に新しい息吹を吹き込んでいます

まさに青い蓮が蘇えりました


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1364-db1d22c3

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント