京都で熊野詣で

京都東大路通りに沿いに熊野の名をもった新熊野(いまくまの)神社があります

新熊野神社楠木1409
境内に植えられた抱えきれない楠の大木が通りからも見えます

この神社は熊野信仰の盛んな平安時代末期、後白河法皇によって創建されました
度々熊野に参詣することは大変なことで熊野の新宮・別宮として創建されました
境内には熊野詣でが体験できる熊野古道が再現されています
楠の木は熊野から後白河法皇が移植したご神木です

抱きついてパワーをいただくと願い事が通うと信じられています


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1382-a7a5984f

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント