既存骨組みが現れて打合せ

T邸リフォーム工事の解体を大方終えて骨組みが露わになりました

Tak現場打合せ1410
現場の状況を見ながら現場監督、大工の棟梁と現場で打合せです

解体してみると壁や天井に隠れていた部分が設計図面と食い違う箇所も出てきます
改めて実際の柱・梁の位置や寸法を確認して構造補強の位置・大きさを変更します
また設備の配管の経路も見直しています
リフォーム工事では設計段階では分からない現状に照らし合わせた修正が必要です

施主さんにも現場を見てもらって説明して納得してもらいながら現場を進めます


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1414-40c59a54

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント