世界の中で日本のあるべき姿

今は同盟国に付き従うだけではなく日本国自身の立ち位置を明確にすべき時代です

海賊とよばれた男1502
「海賊とよばれた男」百田尚樹/出光興産店主・出光佐三をモデルに描いています

敗戦後間もないころ世界の石油メジャーに対してもNOと言えた日本人の話です
その行動の奥には国のため正義のために戦っているという信念があります
そして日本民族であることの誇り、家族と考えていた社員を守る責任も持っていました
彼の生き方や組織のあり方は国家のありようと読み替えることもできます

今の世界情勢を見るにあたって日本のあるべき姿を見直すための参考にもなります


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1527-6e8296b0

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント