庭の実測に苦戦する

リフォームの際に敷地や建物の図面がないとき設計者が実測することがあります

Ino現地調査1504
外構も正確な寸法が必要な場合は測量業者に頼みますが簡単な測量は行います

庭の空地に増築できるか調べるためスケールとスケッチブックをもって庭に入ります
庭木や石や灯篭など障害物の位置や大きさ、形、敷地のレベル差も図面に落とします
採寸した資料を基に図面化してようやく計画です
今の季節は緑が繁ってきて樹木が多い庭での調査は大変です

自然のものに直角はなく図るのは難しい、それが自然の造形ではありますが・・・


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1584-695cf386

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント