長寿の建物をさらに長生きに

土居町のリフォームの解体現場です

Ino木造棟解体1508
解体現場に舞う土煙の量が歴史を物語っています

屋根裏からは大正十年と記した御幣が見つかりました
1921年生まれ、先の大戦、阪神大震災も潜り抜けてきた94歳と長寿です
年を重ねた分土台が腐り柱は張らんで建物自体多少こけていて構造の補強が必要です

先人の技に敬意を表しながら手を加えてさらに100年持つ構造にします

Ino大正の御幣1508 クリックで拡大


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1701-6e593e09

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント