雨に備えて少し出す

文園ハウスでは深い軒のかからない箇所の窓には小庇を設けています

Ino窓庇1509
雨から守る小庇が立面をつくるリズムになってかわいらしくも見えます

ヨーロッパの近代建築を学んでいた世代としては四角い箱の建築にあこがれます
庇がないすっきりした外観はかっこよく見えます
本来雨の多い日本の気候条件では家のつくりようもヨーロッパとは違ってきます
隣地との隙間もなく道路いっぱいに建てると庇が取れないのも日本の敷地事情です

最近の想定外の豪雨の時には軒や庇、当たり前のディテールの必要性を考えます


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1733-b338f9be

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント