景観をつくるもの

朝早くの宇治の平等院は訪れる人も少なく静かに苑内を廻れます

池に映る平等院1512
平等院の周りには背の高い大きな建物がないため建物が映えます

修復作業を終え柱や梁、屋根瓦が化粧直しされ平安時代の姿に復元されています
開門から時間が経つとともに外国人や修学旅行やツアーの団体さんが徐々に増えてきます
名所が多い京都市の中心部から離れた南のこの地に多くの観光客が訪れます
平等院の美しさは周囲の環境があるがゆえのものでこの建物ひとつでは成り立ちません

周辺環境が景観に大きく影響し景観を守ることは観光客を集めることにもなっています


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1806-6f20dfc1

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント