内外をつなぐ空間

雪の積もる京都から現場の大阪に行くと雨すら降っていなくて気温差を感じます

Ino濡れ縁1601
土居町のゲストハウスは束石の上に下地の束を立てて濡れ縁の工事中です

外部へ出る掃き出し窓には縁側を設ける提案をよくします
壁がないから外部ですが雨を避けるための庇は設けています
内部でも外部でもないあいまいな緩衝地帯は日本的な中間領域、グレーゾーンです
西洋のように自然を敵視するのではなく親密に取り込もうとした日本人の知恵です

先人の知恵を継承することで内と外とが結びついた日本の住宅を楽しむことができます


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1840-407b8578

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント