団地リノベーションのモデルルームを見学する

URと無印のコラボレーションした団地リノベーションのモデルルームを見学しました

無印×UR1601
水廻りなど大胆にリノベーションされて新しい生活スタイルが提案されています

初期の公団のプランは採光、通風などよく考えられていて今もあまり変っていません
ただ設備が古く、エレベーターがない階段室型の住棟も多いため高齢者には不向きです
敷地内は空地が多いため緑が多く光や風が通るなど周辺環境は優れています
バリアーフリーの改造を加えればどの世代も暮らしやすい住空間になるはずです

民間のマンションとは一味違う団地のよさが見直されつつあるようです


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1844-715ee5af

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント