プラスチックの束を設置

土居町のリフォームでは鉄骨造内部の解体が大方終わり下地の作業です

Inoプラ束1602
床高を調整するプラスチックの束が規則的に並んでいます

既存の床を撤去し表れたコンクリートのスラブの上に床を組んでいきます
既存の床は下地を木で組んでいましたが今回はプラスチック製の束を設置しています
高さの調整が容易で木のように腐ることなく伸縮もありません
床高さがあまり取れないマンションの改築でもよく使われます

配管配線作業の後、床を張って仕上げます


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1853-9bfbecd6

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント