磨けばつやも出てくるもんです

土居町のリフォームでは 以前の住まいの床の間に使われていた床板 を再利用します

Ino本宅玄関踏み板1602
巾40cm、長さ2mの床の間の板は反り防止の材も入れられている4cm厚の無垢の材料です

一部は床(ゆか)板に利用しその残りの材料です
軽く鉋をかけてもらい現場で磨いてもらうと木目が浮き出ていい表情になっています
現在の玄関の上がり框の高さが少々高く上がりづらいので踏み板に再利用しました

毎日使う場所に思い出を残すことができました


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1866-f837a769

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント