お化粧直しして京都の町並みに戻ってきた

東本願寺の御影堂門を囲っていた工事のシートは撤去されようやく姿を見せました

東本願寺御影堂門1603
2012年4月よりの素屋根建設から約4年の修復を終え都大路の風景に戻ってきました

現在の御影堂門は蛤御門の変(1864年)で焼失した後1911(明治44)年に再建されたもの
今回の修復では外観的には瓦屋根、飾り金物、塗装などの修復が見られます
南北約20.6m、東西約13m、高さ約26.8mで山門の高さとしては日本最大です
奈良東大寺南大門(国宝)は高さ25.461m、京都知恩院三門(国宝)は23.846mです

ちなみに1964(昭和39)年生まれ今年52歳の若者京都タワーは131mです


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1894-9ebef12b

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント