時代小説に描くひたむきな日本人

女性作家らしいやさしい語りの時代小説です

みをつくし料理帖1604
「銀二貫」の高田郁さんの「みをつくし料理帖」のシリーズ 全10巻

大阪生まれの女料理人が江戸でいろんな逆境に負けず、試練を乗り越えて生きていきます
自分の進む道に迷いながらも信じる方向を見つけてゆきます
父とも慕う店主曰く「ご神仏ってなぁ、時にとんでもなく酷いことを情け容赦なくなさるもんだ。
…(略)… けれどそれに耐えて生きていれば、必ず何処かに救いを用意していてくださる。」

彼女を励まし助ける周りの人々の人情あふれる物語に幾度も涙腺が緩みます


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1905-4a1185a2

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント