あまくてうまい、こぼれ-んめ

先の京都・東寺の弘法さんの露天商で久しぶりにこぼれ梅を目にしました

こぼれ梅1604
こぼれ梅はみりんの搾りかす、こぼれ梅とは何とも美しいな名前がつけられています

子どものころ亡き祖母に食べさせてもらってから口にしたことはありませんでした
祖母が唄っていたか~♪あまくてうまい、こぼれ-んめ♪~なんて節が記憶の奥にあります
現在ほど贅沢なおやつがなかったころからの甘くて素朴なおやつです
時代小説「みをつくし料理帖」でも主人公がつくる鼈甲珠に重要な食材として出てきます

アルコール分が含まれるその甘い香りに遠い昔が懐かしく思い出されました


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1927-6ef91213

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント