観光客を集める風景という財産

京都・嵐山はお気に入りの場所で桂川を自転車で上って時々訪れます

嵐山ボート1605
最近の渡月橋の上流はカップルのボート池状態となり風景を変えました

屋台船や物売りの船は昔からありましたがボートの数が増えすぎて風情がなくなりました
こんなところじゃあなかった・・・遊園地化した嵐山を残念に思います
多くの観光客を呼び込み受け入れる一方、風景という貴重な資源が失われます
そのためかえって観光客離れになったりリピーターが減少するのではないかと懸念します

観光地のあり方、つくり方は長い目で考えていく必要があります


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1947-d807553f

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント