まちの構造の変化が地域コミュニティを変える

京都のむかしからのまち西陣辺りの住宅街とは思えない「公私混同」の景色です

道路の落書き1606
狭い路地が倍くらいいに広げられミニ開発された住宅が建っています

周りには格子に瓦屋根、1階に商店の町家が多く残る地区です
道路が広くなり防災、車のためにはよくなりましたが統一された町並みではありません
新しい住人が入って子どもが元気なのはいいけど近所づきあいが薄くなっている気がします
かつての口うるさいけどまちを見守りいたずらっ子を叱ってくれる大人の存在がありません

まちの構造の変化は住人の変化、付き合いの変化、コミュニティの変化を生みます


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/1981-ed2869ea

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント