捨てられた構築物を有効に使う

友人の京都工芸繊維大学の角田准教授が関わった展示会を知り最終日に行きました

造形遺産展1607
「造形遺産026-035」展/上京区・ギャラリーモーネンスコンピス

実存する、使うことも捨てることもできない構築物を造形遺産と呼び再生する提案です
京都工芸繊維大学の研究室の学生さんがアイデアを出しています
浄水場をスパに、高架道路をギャラリーに、トンネルをジムにとコンバージョンされます
模型や図面で魅力的にプレゼンテーションされています

捨てられた施設が形を変えて生まれ変わる提案を興味深く観ました


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2005-de2f75a2

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント