町が変わると祭の風情も変わる

きのう祇園祭を3日後に控えた四条通りには山鉾が立ち並び飾り物を公開していました

祇園祭太子山1607
大通りから入った町内には山鉾・太子山が立っています、町家の看板は奇應丸

四条通りに立つ山鉾は高いビルを背景に、展示されている古美術品を観るかのようです
町家が軒を連ねていた時代は甍より飛び出てたであろう山鉾が今は低く感じられます
一方わき道に入った昔ながらの町家が残る通りでは山鉾は町に溶け込んでいます
かつての風情、情緒が残り、観光より地元の祭の感が強いです

静かにゆっくり楽しみたい方にお勧めです・・・宵山はそうでもないかな


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2016-e0202ceb

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント