時計台のある銭湯

京都市の現場の帰り道、町なかに煙突がある時計台を見つけました

まつば湯1609
上京区下立売通にある「まつば・遊・湯」の看板が挙がっている銭湯です

大阪で下宿していたころや長屋に住んでいたころは銭湯に通っていました
そうした銭湯 も徐々に姿を消しています
京都市内には町家が残っていて銭湯も今なお多く残っています
開店までは時間があったので次回現場の帰りに一度寄ってみます

大きな浴槽は内湯とは違った開放感があって気持ちのいいものです (;●´∀`●)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2076-35001a11

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント