距離感の近い長屋の界壁

文園町の長屋のリフォームは隣との界壁が現れています

fumizononagaya旧界壁1611
壁のコンポジション/ボード張りの壁をはがすと土壁や下地の板が見えています

建設当時のもともとの壁、竹木舞下地の土壁が現れています
現場に立っていると壁を通してお隣の話し声がはっきりは分かりませんが響きます
長屋の壁が防音されていないのは大阪の長屋住まいの時に経験済みです
落語に出てくるような隣とイケイケの人情長屋もいいですがある程度のプライバシーはね・・・

今回、新たに柱、壁を設けて構造補強するとともに防音の施工も行います ∠(^_^)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2132-b139c71c

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント