現代社会で再考する水俣病

同じ過ちを繰り返さないため、水俣病公式確認から60年経つ今読みたい1冊です

苦海浄土1611
水俣病患者の心の声を表現した小説 「苦海浄土」(1969) 石牟礼道子(1927-)

社会、生活の近代化、高度経済成長によって生まれた公害病は負の遺産です
患者は公害による被害はもちろん、その後に起こる差別や中傷の二次的被害を受けます
先の沖縄米軍訓練場の反対派への差別発言、福島から避難した小学生へのいじめ・・・
沖縄や福島の米軍基地や原発問題などまさに今起こっている問題に重なります

真に大切なもの、幸せとは? また寛容な気持ちの大切さを感じます (-_-;*)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2153-b4fac259

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント