京都・小さな川沿いの景観に思う

京都の鴨川から西に入った木屋町通を流れている小さな川、高瀬川が工事中です

高瀬川工事中1612
老朽化した石積み護岸をやり替え漏水しないよう遮水シートを張っています

角倉了以(1554~1614)によって京都~大阪を結ぶ運河としてつくられました
かつて土佐藩邸もあり森鴎外の高瀬舟の舞台でも知られ春は桜の名所でもあります
TIME'sビルなど川の景観を生かした建物がある一方新しい商業ビルは巨大化しています
また車の抜け道になっていて狭い道を車が渋滞することもしばしばです

歴史ある風情のある通りを歩行者優先の散策路にできないものかなあ 「(´へ`;


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2175-87c4a80e

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント