足場が取れて姿を現しました

文園町の長屋のリフォームでは足場が解体撤去されました

fumizononagaya足場解体1612
瓦屋根は軽いガルバリウム鋼板に葺き替え隣家とは鋼板で雨仕舞をしました

従来の屋根下地を利用しているため屋根は少々むくっています
道路側を減築して軽自動車が置けるスペースをつくりました
外壁に使用した黒い木目調のサイディングはあまり主張することなく町並みになじみます
屋根のトップライトは玄関ホールに落とすためのものです

構造を補強し明るい室内空間に生まれ変わります ( ^o^)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2177-dbb62005

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント