住まいへ手の入れ頃みたい

以前設計した住まいを訪れました

hattori13年目の外観1701
13年前に完成した三重県松阪市の住宅です

外部建具や床板、壁紙の痛んできたところを補修・改修を考えられているとのこと
室内の無垢材のフローリングや杉板、珪藻土の壁は年を経ていい味が出てきています
外壁に張ったガルバリウム鋼板は褪色してきて塗り替えもそろそろ必要な模様です

最近、10年ほど前に設計に携わったお施主さんから連絡をいただくことが続きました
建物も家族構成も変化して住まいに手を入れる必要が出る時期なのかも (*゚ェ゚*)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2198-b5094a73

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント