細い隙間を有効に魅力ある空間に使う

文園町の長屋は外構工事をしています

fumizononagaya縁側1701
長屋の路地部分に縁側をつくっています

長屋の端に位置するため幅70㎝の路地が空いています
この部分に狭いながら裏庭まで続く長い縁側を設け隣家側は塀で目隠しします
物干し竿を設け物干しスペースにもなります
縁側に面する部屋は掃き出し窓で部屋を広く明るく見せます

ちょっとした隙間を魅力的な空間に変えます ヽ(´□`。)ノ


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2203-afa6a57e

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント