昭和初期の東京のモダンを味わう

昭和初期から戦争までの東京を舞台に描いた小説で建築本ではありません

小さいおうち1703
東京郊外に建った赤い三角屋根の家での女中さんの話 「小さいおうち」中島京子

丸窓のある応接間兼書斎、天井の黒い梁、サンルーム、玄関のステンドグラス・・・
モダンな家の描写は、ヴォーリズ設計の品のいい住宅を思い起こさせます
当時の東京の風景、レストラン、甘味屋などの風俗が時代の雰囲気を伝えます
事変から太平洋戦争へ緊迫した戦時にあっても人を思いやる気持ちは変わりません

読後は少し切なさが残ります (。-_-。)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2241-a8325153

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント