久しぶりに陽の光を浴びる

平代町の長屋のリフォームでは天窓を新たに設けました

hiradainagaya天窓1703
屋根に穴が開き、現場が一挙に明るくなりました

間口1.5間、奥行き9間のいわゆるウナギの寝床の住宅です
両側を隣家に挟まれ窓がないため建物の前後からしか光が入りませんでした
天からの光によって暗いジメジメした住まいを明るく健康的につくり替えます

久しぶりの日を浴びて住まい自体気持ちよさそう! o(^▽^)o


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2243-8d06cd34

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント