将来的なコストで考える屋根リフォーム

平代町の長屋リフォームでは屋根は再塗装ではなく上から金属屋根を張りました

hiradainagaya屋根リフォーム1703
傷みが出てきた既存の屋根の上にカバー工法で新しく屋根を葺きました

遮熱性フッ素樹脂塗装の高耐久ガルバ鋼板と断熱材が一体になった金属屋根です
表面の塗装により20年は色褪せはなく、遮熱、断熱効果があります
塗装リフォームのように10年ごとの塗り替えやもとの屋根の補修は必要ありません
再塗装より初期費用はかかりますが屋根自体新しくなり室内環境もよくなります

将来的に見たメンテナンスの手間、コストなどを考えて採用しました (o‘∀‘o)


スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://majimarchi.blog112.fc2.com/tb.php/2253-5f6722bd

Comment

Comment Form
公開設定

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

motoyuki majima

Author:motoyuki majima
真島元之/真島元之建築設計事務所
京都市生まれ
HP topへ

フリーエリア
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント